DTP授業

今回の授業はスポーツマーケティングでも必要なDTPの授業を実施しました。

そもそもDTPとは何か?

DTPとはDesk Top Publishing(デスクトップパブリッシング)を略したもので、日本語では『机上出版』や『卓上出版』と言われています。

DTPの主な役割は、パソコンでデーターを作成し、実際に印刷物を制作することです。

 

午前中はPhotoshopを使って画像合成の仕方を勉強し、午後はlllustratorを使用してロゴの作り方を勉強して頂きました。

WordやPowerPointと違い、文字や画像の編集が非常に行いやすく、クリエイティブなものを作るうえで非常に優れているものだと感じて頂きました。

 

次回のDTPの授業では、各自がロゴのイメージを考えておき、それをlllustratorで作成する予定となっています。

また、これからより具体的な実践を踏まえスキルを磨いていくことで実際のビジネスに生かすことの出来るスキルを身につけることを楽しみにしております。