【授業レポートVol.113|2017年5月】マインドマップやエンパシーライティング

本日は先週に続き新しい発想法のワークショップを実施しました。

マインドマップと言う手法を使いまずは新聞紙で新しいゲームを5分間で考えると言うトレーニングをしました。

なかなかアイディアが出てこない時も講師が親切に教えて頂き固定概念にとらわれないで思ったことをどんどん

書き出していくことで意外と簡単に言葉が浮かび上がってきました。

『マインドマップは最初はやり方が分らなかったが、一度わかると今まで気づかなかった強みが見えました。』

そして実際に出てきたアイディアをグループで発表していき新たな発見もありました。

後半にはエンパシーチャートと言う「メッセージに共感してもらい行動を起こさせる」手法のワークショップを実施しました。

『本日は、企画書などを相手にどのように伝えるかなどについて学びました。その中で、何をするにしても「何のためにやるのか」という本質を追求していくことで、より良いものを作ることができ、伝えることができることを再確認できたので、今後に活かしていきたい。』

 

今後はクリエイティブなアイディアの企画書が出来上がるのを期待していきましょう。

 

 

| スポーツビジネス分野のプロを育成する専門の学校。
バンタンスポーツアカデミー | Vantan Sports Academy

https://www.vantan-sports.com

https://www.facebook.com/VantanSportsAcademy/