【授業レポートVol.110|2017年5月】ビジネスモデルと発想法

本日の授業は様々なアイディアの発想法とビジネスモデルを創り上げる授業を実施しました。

【オズボーンのチェックリスト】、【SCAMPER】、【KJ法】、【Six Thinking Hats】などさまざまな発想法が有る中で使い分けをしていくことで効果的に発想が出来ること学びました。

後半にはコンビニエンスストアを一例に挙げて、ビジネスモデルキャンパスの活用方法を体験していきました。

『ビジネスに活かす想像力の発想法とコンビニを例に挙げながら、事業テーマについて学び、

さらにスポーツメーカーを二つ挙げて、それぞれの事業を比較した。

コンビニの対象者に向けた価値提案を打ち出すのは難しかったが、いろんな角度やありもしないことを想像する

ことによって最終的に提案できたのは嬉しい。』

最後にはバリュー・プロポジションという「顧客価値創造」を視覚化するためのワークも実施しました。

『ビジネスモデル・キャンバスを実際に用いてターゲットを整理してみると、

今まで気づかなかった考え方や悩みなどが想定されて解決策を具体的に考えることができました。

就活において自分のことを整理することにも使えそうなので一度やってみたいと思います。』

 

次回は新たな発想法を実際に体験するのと自らビジネスモデルを創造するワークを実施していきます。

 

 

| スポーツビジネス分野のプロを育成する専門の学校。
バンタンスポーツアカデミー | Vantan Sports Academy

https://www.vantan-sports.com

https://www.facebook.com/VantanSportsAcademy/