【授業リポート vol.2 | 2014年6月】資料作成(ドキュメンテーション)アドバイザー:山橋講師

本日は資料作成アドバイザーを様々な企業で行っている山橋様による為になる演習でした。

山橋様より数週間に渡りプレゼンテーションの基本アプリケーションであるパワーポイント(以下パワポ)の基礎的な使い方を学んでいます。

社会人になって、マーケティング担当者になって問われるスキルとして資料の作成スキルが一つ大事なものになります。

その為にまずはドキュメンテーション(パワーポイントの基本)を丁寧に教えていただきました。

vsa4_1

まず初めに、パワポ/エクセル/ワードは私達が使うことの多いパソコンのソフトですが、この3つにはそれぞれに適した用途があります。

パワポ・・・プレゼン用資料を作るソフト

エクセル・・・数字で表計算をするソフト

ワード・・・文章を書くソフト

用途を明確にした上で、正しいソフトを使うことが大前提です。「そんなこと当たり前だろう」と思っている方も多いかも知れませんが、意外とこの大前提を理解せずに使っている方が多いみたいです!(エクセルで文章を書いて資料を作ろうとする人が多い)

パワポのプロから直接指導してもらえる機会は滅多にないため、皆それぞれ分からない部分を積極的に質問しています。

授業内容としては、「スライドマスタの使い方」、「図形をきれいに揃える」、「タブ機能を効果的に使う」などの基礎から学んでいます。

vsa2_1

ここで、私達が学んだパワポ技術を2つだけ紹介したいと思います。

【スライドマスタの使い方】

スライドマスタとは、親スライドのルールを他のスライドにも適用させるツールです。スライドマスタを作っておけば、あるスライドのデザインを変更しても全てが同じスライドデザインで統一されるため、わざわざロゴやデザインを差し替える必要がありません。スライドマスタを使いこなすことで、効率の良い資料作りが可能となります。

是非使いこなせるようになりたいツールの一つです!

【図形の揃え方】

中央揃え・左右揃え・上揃え・等間隔に揃えるなどの機能を駆使し、見栄えのよい図形を作っていく方法を学びました。会社の組織図など一見複雑そうに見えますが、図形のそろえ方を理解すれば実は簡単に作ることが出来ます。これを応用していけばより複雑な図も作成可能です!

vsa3_1

今回紹介したツールはごく一部ですが、基本的なツールを理解するだけでこんなにも資料作りが効率よく出来、幅が広がるのかと非常に感動しました!同時に、やはり実際に使って体験してみることが大切だとも感じました。これからも色々なツールを学び、自分の資料作りにより磨きをかけていきたいと思います。

 

| スポーツビジネス分野のプロを育成する専門の学校。
バンタンスポーツアカデミー | Vantan Sports Academy
https://www.vantan-sports.com