【ニュース&トピックスVol.2】 The Color Run TOKYO BAY presented by New Balance 大会本部スタッフ

世界最大規模の参加型シリーズイベント、カラーランが先週末、浦安にて開催されました。

今回はこのイベントの大会本部スタッフとして参加してきました。

佐々 吉田 カラーラン

 

1】なぜ大会本部スタッフに参加しようと思ったのか?

■世界規模で行われているイベントの日本開催の現状を把握したいと思い参加しました。

また、日本独自の制約(会場の問題、運営体制など)が何なのか、改善は出来ないのかなど、

自分自身のアンテナの感度・アイデア創出力アップを図ろうと思い参加しました。

■私自身、将来「世界的なスポーツ大会に携わる」という目標があり、

その目標を叶えるためにもイベント運営の現場というのを学んでみたかったからです。

また、「カラーラン」という普通のランニングイベントと一風変わったイベントの運営は

どうなっているかということも学びたかったのも理由の一つです。

03 04

 

2】実際に現場に携わってみていかがでしたか?

■当日は朝から小雨が降り天候が悪かったりと本番でうまく出来なかった事もあり、

いかにイベント当日までの準備・シミュレーションが重要であるかを実感しました。

また会場には色々な制約(県道と市道による使用制限や、公園内の各ブース設置制限など)

があり、会場設営も一筋縄にいかない事がわかりました。

■なかなか携わる機会のないSNSの業務を経験できたのは良い経験になりました。

SNS一つをとっても様々なことを考えることができ、

業務を通して新しいメディアであるソーシャルメディアの可能性に触れることができた。

また、会場全体では、会場内に警察や消防の方々が待機していて、

もしものことがあれば迅速に対応できるような準備してあったのが印象に残っており、

他のスポーツイベントでもバックグラウンドではこのような運営の配慮がなされているのだと気付かされました。

また一つのスポーツイベントでどれぐらいのステークホルダーが関わっている気になりました。

05 06

4】この経験をどの様に活かしていきたいですか?

■私は現在クラブチームのマネジメントを目指していますが、

試合運営やクラブチーム主催のイベント運営などに生かしていきたいと思います。

■自分がスポーツイベントを主催する側になり企画運営していく際に、今回のカラーランイベントのスタッフのポシジョンを参考に活かせると思います。

また、SNSの業務を経験したということでソーシャルメディアを活かした

プロモーションやそれに関わる仕事も興味を持ちました。

01

5】感想

■今後、イベントのインターンシップがあれば準備段階から参加していきたいと思いました。

■SNSでコメントをする度に、数多くのレスややお気に入りされたりして、

私が作った記事が数多くの人達に見られているんだと喜びを感じれました!!

02

【The Color RunTM】※公式ウェブサイト(米国)

http://thecolorrun.com/

 

【The Color Run Japan (カラーラン)】※公式ウェブサイト(日本国内)

http://thecolorrun.jp/

 

 

| スポーツビジネス分野のプロを育成する専門の学校。
バンタンスポーツアカデミー | Vantan Sports Academy

https://www.vantan-sports.com