【授業レポートVol.125|2017年9月】スポーツマネジメント業界の話

本日は日本を代表するスポーツマネジメント企業の担当者にご登壇頂きました。

 

 

【学生A

本日は、スポーツビズの西村さんの講義でした。

アスリートや文化人に対するマネジメントの仕方・その後のマーケティングへの持って行き方など詳しく知ることができた。

その後のワークショップでは、まずは面白い企画を考えることが最重要であることを改めて学べたので今後の企画作成に生かしていきたい。

 

【学生B

本日はスポーツビズの西村さんに講義をして頂いた。

スポーツマネジメントにおいて重要なことはマネジメントする選手の価値。

それを補うために、コンテンツやマーケティングで選手や文化人をプロモーションしていることが分かった。

ワークショップでも考えたが、販売促進のための案もどんどん考えていきたいです。

 

【学生C
今日はスポーツビズの西村様のスポーツマーケティングとは何かについての講義でした。

コンテンツを売る時にスポーツでのプロモーションを具現化することにどれだけ力がかかるかということを学びました。

リーチのためのコミュニケーションのアイデアがまだ弱いので、今の事例からもっと学びたいです。

 

【学生D

スポーツビズの講師の方から会社概要、ビジネスモデル、そしてケーススタディを学んだ。

他のマネジメント会社とは違う企業戦略があり、企業のブランディングなどたくさん学ぶことが出来ました。

ケーススタディでは、アイデアは思いつくがそれを広めるために何をすべきなのかを痛感させられた。

 

【学生E

本日は総合代理店の方の講義で、スポーツマーケティングやマネジメントに関する講義でした。

コンテンツの拡散方法などは皆共通してもっと考えるべきというアドバイスをいただいたが、確かにそこは自身曖昧だなと実感。

アンテナを常に張り、引き出しを広げていこうとも改めて思った1日だった。

 

普段お話を聞けない業界の担当者からの直接のリアルな話を聞いて今までの考え方やイメージを覆された1日になったかと思います。

 

スポーツ業界には様々な関わり方が出来ますが、その一つとして選手マネジメントの一面を目の当たりにした良い授業でした。

 

スポーツビジネス分野のプロを育成する専門の学校。
バンタンスポーツアカデミー | Vantan Sports Academy

http://www.vantan-sports.com

https://www.facebook.com/VantanSportsAcademy/